離婚の慰謝料について

離婚慰謝料モラハラの場合

モラハラとは、モラルハラスメントの略称で、言葉や態度などで相手に嫌な思いをさせる行為のことです。
友人や親戚の前でパートナーを貶めるような言動をしたり、暴言を吐いたり、常に相手を否定したりする行為などが夫婦間でのモラハラにあたります。
 モラハラが原因で離婚をすることになった場合、被害を受けた人は離婚慰謝料を請求することができます。
 離婚慰謝料とは、相手のせいで夫婦関係が壊れてしまい離婚することになった際に、受けた精神的苦痛を賠償するために支払われるお金です。
 モラハラによる慰謝料の相場は50万~300万円程度と言われていますが、モラハラの度合いや被害を受けた人の精神状態によって大きく変わってきます。
 より多くの慰謝料を受け取るためには、モラハラを受けた時の様子がわかる音声やメール、心療内科の診断書や処方箋など、証拠になりそうなものを徹底的に集めておくことが大切です。
 モラハラ被害を受けた人にとって慰謝料を獲得することは確かに重要ですが、それよりも心の状態を安定させることが大切です。
 両親や友人などに頼り、心の拠り所を確保してください。
 モラハラを受けていることを一人で抱え込まず、誰かに相談してみましょう。

離婚慰謝料モラハラの場合 / 離婚慰謝料払わない / 離婚慰謝料の相場

https://saredatu.com/離婚慰謝料の相場